2006年05月10日

チャット風短編

これは、語り手も♀です。


【女子高生に虐められる】

2006/03/03(金)

名前: ???

へえ、この時期3年生の授業やってるとこもあるんだ。

さてさて、リクがあったから。
と言っても、私、女王vs奴隷ってベタベタ関係苦手だから、生体家具になってもらうかな?
「髑髏便器」だと死体損壊になっちうから、そうねえ、足ふきになってもらおっか。
私、靴下嫌いだから、素足にスニーカーだけ突っかけてってことも多い。
顔洗って玄関先に寝そべっててね。
帰ってきたら先ず、貴男の鼻や口あたりに足の裏擦り付けて、汗を拭うから。
次は、本格的に舌で拭ってもらうんだけど、ツバを付けられるのはイヤ!
最低でも1時間はドライヤーかけて、口の中を完全に乾燥させとくこと。
湿り気が全くない舌で、つま先や指の又の脂や垢を丁寧にこすり取っていってね。
いいこと? 繰り返すけど、少しでもツバつけたら、全体重かけて顔を踏みねじるからね!

(合いの手)

名前: 23歳童貞

いぢめてください。奴隷として飼っていただきたいです。

名前: ???

ああ、そうだ。
私の足がクサいのは、ネットじゃ超有名だから敢えて言わなかったけど。
これ、こないだ、友達の家に行ったときの話ね。
私が帰った後、消臭剤まるまる一本使って、2階まで吹き抜け構造になってるお玄関の消臭したんだって。
うーん、私の靴があった時間なんて、ほんの2時間程度なのにねえ。
まだ続きがある。
夜、帰宅したお父さんが、開口一番、
「なんだ!? この、『酢昆布工場の社員食堂でくさや焼いたような匂い』は?」
だから〜
私の足臭で脳波がイカれてしまっても、それは人間足ふき志願者の自己責任ってことで、お願いします、、、
posted by 非公開 at 21:59| 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする